Entries

新数学人集団(SSS)の時代 ノート9 「月報」創刊号にもどって

新数学人集団の機関誌「月報」と「数学の歩み」のバックナンバーがようやく全巻手もとにそろいましたので、あらためて「月報」の第1巻からはじめて観察してみたいと思います。紙の酸化がひどく進んでいて、字の判読は可能ですが、早晩崩壊してしまうのではないかという恐れがあります。特に第1巻などはぼろぼろになりつつある状態で、頁を繰るたびにぽろぽろと散ってしまいかねないというありさまです。
 本当は全巻マイクロフィルムにおさめるなどして保存する処置を工夫しなければならないのですが、全頁にわたってデジタル化するのも実にたいへんな作業です。
 「月報」第1巻の発行日は1953年7月15日と記録されています。1953年は昭和28年で、終戦後8年目。この年の3月に谷山豊さんが大学を卒業して、4月から大学院特別研究生になっています。定価10円。全部でわずか8頁。寄せられた記事の表題は下記のとおりです。

  清水達雄「創刊号に寄せて」
 学会に新風を 若き数学者の集い
 光は西方より
 九大民科準備会
 都立大民科
 東大新数学人集団
 教室めぐりのよびかけ
 S「数学の歴史に接して」(著者名「S」は清水達雄先生と思われます。)
 T「A.Weilをめぐって」(著者「T」は谷山豊さんです。)
 新人紹介 Peter Roquette
 行く人 来る人(アイレンベルクとシュヴァレーと矢野健太郎先生の消息が紹介されています。)
 T.T.「伊藤清の"確率論"」(著者名T.T.は不明です。)
 文献交流に努力したい 渡欧留学生送別会

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reuler.blog108.fc2.com/tb.php/2452-8322ea06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

オイラー研究所の所長です

Author:オイラー研究所の所長です
FC2ブログへようこそ!
オイラーを研究して40年。所員募集中。
オイラー生誕300年を期して熱くオイラーを語り合いましょう。
西暦2011年は岡潔先生の生誕110年の節目の年です。
西暦2013年は岡潔先生のエッセイ集『春宵十話』が刊行されてから50年目の節目です。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる