FC2ブログ

Entries

新数学人集団(SSS)の時代 ノート6

『月報』の「3巻5号」は昭和31年5月に発行されました。前号の発行から2箇月後ですが、値段は20円上がって70円になっています。清水先生が書いた巻頭の一文「第7回全国連絡会によせて」を見ると、5月3日から6日にかけて第2回全国数学科学生懇談会が開かれること、続いて6日と7日の両日を使って新数学人集団の大会があることがわあかります。するとこの「3巻5号」が刊行されたのは5月に入ってすぐのことになりますが、あるいは4月の末にすでに発行されていたのかもしれません。
 5月6日と7日に予定されている新数学人集団の大会は第1回目です。プログラムが掲載されていますので日程が明らかになるのですが、6日も7日も午後1時から始まることになっています。午前中に何もないのはいささか面妖ですが、その代わり両日とも夜の9時まで各種の報告と討論がびっしりと並んでいます。会場は水道橋駅前の中央労政会館です。
 「新数学人集団 例会の歩み」という一覧表が掲載されていて、これを見るとSSSのはじまりのころの状況がよくわかります。昭和27年6月23日の例会の報告から始まっていますが、この日は『無限と連続』の合評会でした。『無限と連続』というのは東工大の遠山啓先生の著作で岩波新書の一冊です。出席者は約15名。三日後の6月26日の例会はその遠山先生を囲む会でした。この日の出席者も約15名でした。
 3か月がすぎて9月14日の例会は「準備会」と銘打たれています。「数学方法論研究会(仮称)」という集まりが企画されていたのですが、この会がSSSの前身です。第1回例会が開催されたのは準備会から10日目の9月24日。立川三郎という人が「仮説検定論」という話をしています。出席者は7名。目黒区高木町の宮原克美という人の下宿が会場になりました。ちなみに準備会の出席者数は記録がありません。
 以下、10月に4回、11月に3回、12月に3回と、週に一度ほどのペースで順調に例会がもたれました。年が変って昭和28年になり、1月に3回、2月はやや変則で5回の集まりがありました。3月は2回ですが、3月14日の2回目の例会は「回顧と展望の会」と銘打たれています。ここにいたるまでに通算して21回の例会が持たれたことになりますが、次の第22回目の例会から会の名前が変って「新数学人集団」になりました。「数学方法論研究会」は仮称だったのですが、ここにいたっていよいよ会の正式な名前が決まりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reuler.blog108.fc2.com/tb.php/2448-8cf7ad6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

オイラー研究所の所長です

Author:オイラー研究所の所長です
FC2ブログへようこそ!
オイラーを研究して40年。所員募集中。
オイラー生誕300年を期して熱くオイラーを語り合いましょう。
西暦2011年は岡潔先生の生誕110年の節目の年です。
西暦2013年は岡潔先生のエッセイ集『春宵十話』が刊行されてから50年目の節目です。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる