Entries

新数学人集団(SSS)の時代 ノート1

新数学人集団の回想録をめざして少しずつメモを書いていきたいと思います。会員は何人くらいいたのか、どのような人びとの集まりだったのか、どのように発足していつころまで続いたのか等々、素朴な疑問はたくさんありますが、総合的な考察を試みるのに先立って、とりあえず機関誌の概観から始めたいと思います。
 新数学人集団の機関誌の誌名は当初は「月報」と言うのでしたが、途中から「数学のあゆみ」に変りました。手元に何冊かバックナンバーがあり、一番古いのは「月報」の「3巻4号」です。1956年(昭和31年)3月発行。「全国数学連絡会機関誌」と銘打たれていて、裏表紙に全国連絡会参加諸団体が列記されています。それらは次のとおりです。

 新数学人集団(SSS)
 東京都数学科学生集合
 九州大有志
 京都大有志
 東北大有志
 岡山大有志
 その他

最後の「その他」というのはよくわかりません。発行元は「全国委員会」。連絡先として清水達雄先生のお名前が書かれ、住所が明記されています。清水先生は新数学人集団の団長です。「月報」の「3巻4号」の値段は50円です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://reuler.blog108.fc2.com/tb.php/2443-a1dbc658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

オイラー研究所の所長です

Author:オイラー研究所の所長です
FC2ブログへようこそ!
オイラーを研究して40年。所員募集中。
オイラー生誕300年を期して熱くオイラーを語り合いましょう。
西暦2011年は岡潔先生の生誕110年の節目の年です。
西暦2013年は岡潔先生のエッセイ集『春宵十話』が刊行されてから50年目の節目です。

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる